カテゴリ:八幡の家( 2 )

地鎮祭 八幡の家、始まります。

a0334755_09593274.jpg

八幡の家の地鎮祭。

土地探しから関わることは、みのわ建築設計工房の新しい取り組み。
トータルでのコストバランスをみながら、
僕らが思い描く質の高い住まいを、土地までも含めて3,500万円(税抜き)
で実現しようという試みです。

もちろん構造、温熱などの性能もあきらめず、その上に豊かな暮らしを手に入れる。

今回は、約33坪、ワンルーム食品室付きのLDKに、小さな畳の間、個室は3つに
それぞれにたっぷりのウォークインクロゼットも備え付け、
物干スペースにもなる建物一体のガレージのあるプラン。

この土地だからできるプランでもあり、
土地探しから関わることがプラスに働きました。

無垢床に漆喰塗りの壁と天井、建具・造作家具には無垢板を使用、断熱材はセルローズファイバーを採用、
外壁はガルバリウム鋼板といった仕様。

a0334755_09594499.jpg

地鎮祭後に、プランニングの中で提案していたソファーを、国産のソファー専門店で体感。

a0334755_09595572.jpg

新しい住まいに計画した場所と、同じような光のあたり方をする条件で、張り地の選別。

藍色好きなご夫婦、僕の手助けも必要なく、すんなりと決まりました。

完成は3月末の予定。完成見学会も行います!!





みのわ建築設計工房  箕輪裕一郎
住所:〒485-0812 愛知県春日井市大泉寺町1033-4
電話:0568−85−7705 FAX:0568−29−6077
メール:kobo@minowa-arch.com



by yuichiro-minowa | 2018-10-02 10:59 | 八幡の家 | Comments(0)

八幡の家

a0334755_17471034.jpg
a0334755_09241786.jpg
新しい住まいの設計。

八幡の家の基本計画がかたまり、工事と見積りのための実施図面作製にとりかかっています。

人が集まり、子供達が大きくなり巣立っても、新しい家族ごと戻ってこられる

懐の深い住まいにしたい。

じゃあ、リビングは〇〇畳は欲しいね!という価値観ではなく、

それぞれ適度なスケールのキッチン、リビング、ダイニング、畳の間で階段室を囲んだ、

グルグルまわれ、平面的にリズム感のあるワンルーム。

普段は、家族それぞれが好きな場所を選んで過ごすことができる楽しみがあり、

大人数も受けいられる懐の深いプラン。

おまけに、家事動線も使いやすいよう、グルグルまわれる。

合わせて8の字にまわれる∞動線のある住まいです。





みのわ建築設計工房  箕輪裕一郎
住所:〒485-0812 愛知県春日井市大泉寺町1033-4
電話:0568−85−7705 FAX:0568−29−6077
メール:kobo@minowa-arch.com










by yuichiro-minowa | 2018-06-21 10:07 | 八幡の家 | Comments(0)