住まいらしさ

a0334755_07413043.jpg

大泉寺の家の家具が揃い、住まいらしさが出てきました。

今まで訪れてみて、住みたいと感じる住まいの多くは、家具と建築のその関係がうまくいっている。

超高級な家具を置かなくても、その関係がうまくいっていれば、

いい住まいらしさが、にじみ出てきます。

(人の体に馴染む家具はそれなりのお値段のモノが多いのですが、、、)

じわーっとくるいい住まいらしさ、、、実際にそれを感じる取るには、

その建築に身を置いてみることにつきます。

これは尊敬する所先輩方から教わったこと。

完成見学会などで建築を訪れる際に、いそいそと歩きまわるだけではなく、

あちこちに腰掛けてみたり、触れてみたり、なんなら寝転がったりしながら、

ゆっくりと過ごしてみて下さい。

「じわーっとくるもの」

住宅に限ったことではなくて、いい建築にはそれがあります。


じわーっと!そこを目指していきたいです。


追伸

超高級家具も置いてみたい(笑)


【大泉寺の家の進行状況をこちらで一覧できます!】





みのわ建築設計工房  箕輪裕一郎
住所:〒486-0812 愛知県春日井市大泉寺町1033-4
電話:0568−85−7705 FAX:0568−29−6077
メール:kobo@minowa-arch.com






by yuichiro-minowa | 2017-11-18 06:45 | 大泉寺の家 | Comments(0)
<< ふたつのこみち ギャラリー百草 >>