設計することを教えてくれるキッチン本

a0334755_12125513.jpg

キッチンに“楽しむ”という視点をプラスして設計するとどうなるか。

雰囲気や収納方法について触れている本は多くあるのですが、
小手先ではなく、キッチン(住まいを含めて)を設計するとはこういう事だよ
と教えてくれる内容でした。

家の中にうまく納めるだけではない、
心地良い居場所として設計された、住まい手に馴染む楽しいキッチンを
“寸法入りの図面”や“住まい手が使いこなしている写真”を用いて紐解いてくれます。

キッチンを設計する際に、こんなアプローチの仕方をするのもいいと
教えてもらいました。

さらに、キッチンにとどまらず阿部勤さんの設計に対する考え方にも触れられ、
(ご自宅である“中心のある家”にいつか行ってみたーーーい!)
合間合間に料理のレシピも楽しめるおまけ付き。

かなりお腹いっぱいです!(キッチン本だけに)





みのわ建築設計工房  箕輪裕一郎
住所:〒485-0037 愛知県小牧市小針二丁目129番地
電話:0568−85−7705 FAX:0568−77−7024
メール:kobo@minowa-arch.com

by yuichiro-minowa | 2015-02-01 15:51 | studies | Comments(0)
<< 自宅の敷地調査 設計意図の伝え方を試行錯誤 >>