お祝い

a0334755_13522666.jpg

日頃からお付き合いのある同志のような工務店さんから新しい暮らしへのお祝いを頂きました。

我が家のツボをおさえたさすがのチョイスにまいりました。

ありがとうございました!

コーヒー豆を手で挽く、そんな贅沢な時間を大切にできる建築を!

というメッセージですね、きっと。



# by yuichiro-minowa | 2017-07-25 14:07 | 大泉寺の家 | Comments(0)

夏支度

a0334755_03534701.jpg

そろそろ梅雨も空ける頃、大泉寺の家ではこの夏を乗り切るための夏支度。

ダインング・ペンダント照明の白熱球をLED球に交換。色味は白熱球の方が勝りますが、

電球の発熱量はLEDの方が圧倒的に少なく、はっきりその差を体感できます。

夏はLED、冬は白熱球、そんな模様替えがあってもいいと思います。


日中は格子の網戸と障子戸とが外気と日射を遮断するのに一役かってくれ、

加えて、障子をしめた時のほの明るい雰囲気が、涼しげな気分にさせてくれます。


家具工事ももう一息、引越しの片付けも進み、造付けソファーの受け入れ態勢も整いつつあります。

ホント、引越し仕事の多さに驚かされています。

次はお庭の仕上げが控えています。お披露目はすべてが整ったところで。



# by yuichiro-minowa | 2017-07-20 06:59 | 大泉寺の家 | Comments(0)

引出し

a0334755_09433562.jpg

仕事柄、自宅の工事は後回しになっていた大泉寺の家の家具工事。

引出し等の造り付け家具収納が納まってきました。

ここでの暮らしが先にスタートしていたおかげで、

暮らしと照らし合わせながら、収納計画を見直し、微調整を行えたことが逆によかったと思います。

a0334755_05135545.jpg

キッチン吊り戸棚の引手もみのわ建築設計工房デザイン。細部にまで手と口を出しています(笑)

うまく建築に馴染んでくれました。

【大泉寺の家の進行状況をこちらで一覧できます!】





みのわ建築設計工房  箕輪裕一郎
住所:〒486-0812 愛知県春日井市大泉寺町1033-4
電話:0568−85−7705 FAX:0568−29−6077
メール:kobo@minowa-arch.com


# by yuichiro-minowa | 2017-07-14 05:56 | 大泉寺の家 | Comments(0)

造り付けソファー

a0334755_09371388.jpg

造り付けソファーのクッションを手掛けていただく職人さんんとの打ち合わせのために模型を製作。

建築に組み込むこのソファーは、ベッドになったり、本棚のフタになったり、

ときにはお出かけして別の場所の背もたれになったりする働き者で、

大泉寺の家の土地の中で一番の場所に置く真打です。

a0334755_09373230.jpg

【大泉寺の家の進行状況をこちらで一覧できます!】





みのわ建築設計工房  箕輪裕一郎
住所:〒486-0812 愛知県春日井市大泉寺町1033-4
電話:0568−85−7705 FAX:0568−29−6077
メール:kobo@minowa-arch.com

# by yuichiro-minowa | 2017-07-03 09:56 | 大泉寺の家 | Comments(0)

床掃除

a0334755_15180971.jpg

毎週土曜日は掃除の日。

そして、月に一回は床のぞうきん掛けを、という決まり事をつくりました。

今日は、その日。

かたく絞ったぞうきんでの床の水拭きを下の娘と2人でスタート。

2歳児のお手伝いのおかげで、順調に完了。

その後の床の肌触りのよさが、もう一ランク上がったように思います。

掃除の達成感からくるものと疑ってみましたが、未掃除の床と比べてみると、、、やっぱり違います!!

ぞうきん掛け、やみつきになりそうです。

a0334755_15184952.jpg

これはキレイにするために掃除しているというよりも、

気持ちよさを得るために仕上げをしているといったほうが正しいように感じます。

新しい発見をしたので、バニラヨーグルト、瀬戸内レモンver.で一服。

【大泉寺の家の進行状況をこちらで一覧できます!】





みのわ建築設計工房  箕輪裕一郎
住所:〒486-0812 愛知県春日井市大泉寺町1033-4
電話:0568−85−7705 FAX:0568−29−6077
メール:kobo@minowa-arch.com


# by yuichiro-minowa | 2017-07-01 16:12 | 大泉寺の家 | Comments(0)