造り付けソファー

a0334755_09371388.jpg

造り付けソファーのクッションを手掛けていただく職人さんんとの打ち合わせのために模型を製作。

建築に組み込むこのソファーは、ベッドになったり、本棚のフタになったり、

ときにはお出かけして別の場所の背もたれになったりする働き者で、

大泉寺の家の土地の中で一番の場所に置く真打です。

a0334755_09373230.jpg

【大泉寺の家の進行状況をこちらで一覧できます!】





みのわ建築設計工房  箕輪裕一郎
住所:〒486-0812 愛知県春日井市大泉寺町1033-4
電話:0568−85−7705 FAX:0568−29−6077
メール:kobo@minowa-arch.com

# by yuichiro-minowa | 2017-07-03 09:56 | 大泉寺の家 | Comments(0)

床掃除

a0334755_15180971.jpg

毎週土曜日は掃除の日。

そして、月に一回は床のぞうきん掛けを、という決まり事をつくりました。

今日は、その日。

かたく絞ったぞうきんでの床の水拭きを下の娘と2人でスタート。

2歳児のお手伝いのおかげで、順調に完了。

その後の床の肌触りのよさが、もう一ランク上がったように思います。

掃除の達成感からくるものと疑ってみましたが、未掃除の床と比べてみると、、、やっぱり違います!!

ぞうきん掛け、やみつきになりそうです。

a0334755_15184952.jpg

これはキレイにするために掃除しているというよりも、

気持ちよさを得るために仕上げをしているといったほうが正しいように感じます。

新しい発見をしたので、バニラヨーグルト、瀬戸内レモンver.で一服。

【大泉寺の家の進行状況をこちらで一覧できます!】





みのわ建築設計工房  箕輪裕一郎
住所:〒486-0812 愛知県春日井市大泉寺町1033-4
電話:0568−85−7705 FAX:0568−29−6077
メール:kobo@minowa-arch.com


# by yuichiro-minowa | 2017-07-01 16:12 | 大泉寺の家 | Comments(0)

花台

a0334755_11112228.jpg

両親が以前の住まいで使っていた花台。僕も小さい頃から見ていたものなので馴染みがあります。

使用する予定はしていなかったのですが、とってもいい置き場所が見つかりました。

以前の住まいの雰囲気がトッピングされているようで、懐かしさを感じられて、なんだか嬉しくなります。

建替えであっても、こういう住まいの引継ぎ方もできるのだと教えられました。




# by yuichiro-minowa | 2017-06-26 11:54 | 大泉寺の家 | Comments(0)

事務所&保育体制の予行練習

a0334755_09455780.jpg

日曜日のこと、小2のお姉ちゃんがピアノコンペ出場のために、2歳児と二人で過ごすことになったので、

今後の緊急事態に備えて、事務所&保育体制の予行練習をすることに。

どうなることやらと思いながらスタート!!

→仕事をしている僕の足下や背後の子供部屋で一人遊び(たまにチャチャが入る(笑))

→こまったら奥の手のDVD(今回の投入はなし!)

→早めのお昼ご飯(ご飯好きな娘なのでここはスムーズ、ただ早めにというのが肝要!)

→お昼寝(娘の寝顔を見ながら仕事をするのも、たまにはイイものです。)

→家族の帰還

L字のプランをどう使いこなすか、、、よい予行練習になりました。

a0334755_09462142.jpg

そろそろ図面用のパソコンの手配もしなければ、、、。



# by yuichiro-minowa | 2017-06-21 10:18 | 大泉寺の家 | Comments(0)

ソファーの生地選び

a0334755_09053785.jpg

造り付けソファーのファブリック選び、

ヌバックのような表情を持った新しい素材、傷に強く、汚れもすぐに拭き取ればしみ込まないという代物。

この素材であれば、汚れが目立つことを気にして敬遠しがちな明るい色も使いやすくなり、

色の選択肢の幅がグンと広がります。

ということで、今回は明るめの色を選択。

【大泉寺の家の進行状況をこちらで一覧できます!】





みのわ建築設計工房  箕輪裕一郎
住所:〒486-0812 愛知県春日井市大泉寺町1033-4
電話:0568−85−7705 FAX:0568−29−6077
メール:kobo@minowa-arch.com


# by yuichiro-minowa | 2017-06-14 09:15 | 大泉寺の家 | Comments(0)