<   2017年 01月 ( 8 )   > この月の画像一覧

玄関からの景色

a0334755_11213424.jpg

足場がとれると、、、内部から見える景色もわかってきます。
ゴージャスな玄関ではないのですが、玄関戸の位置をすこしずらして、金木犀の正面へ!うまくいきそう!



【大泉寺の家の進行状況をこちらで一覧できます!】





みのわ建築設計工房  箕輪裕一郎
住所:〒485-0037 愛知県小牧市小針二丁目129番地
電話:0568−85−7705 FAX:0568−77−7024
メール:kobo@minowa-arch.com




by yuichiro-minowa | 2017-01-30 11:35 | 大泉寺の家 | Comments(0)

足場がとれました! 2


a0334755_12402969.jpg

現場打合せの用事はなかったのですが、青空がきれいだったので、近くで別の打合せを行った帰りにスナップ写真を撮ってきました。今のところ、このアングルが一番好みかなぁ。





みのわ建築設計工房  箕輪裕一郎
住所:〒485-0037 愛知県小牧市小針二丁目129番地
電話:0568−85−7705 FAX:0568−77−7024
メール:kobo@minowa-arch.com


by yuichiro-minowa | 2017-01-26 12:55 | 大泉寺の家 | Comments(0)

足場がとれました!

a0334755_12301951.jpg

大泉寺の家の足場がとれ、外観の表情がつかめるようになったので、お庭でつかう部材の検討。
造園家の荻野さんからの宿題となっていた部分、、、これから詰めていきます!





みのわ建築設計工房  箕輪裕一郎
住所:〒485-0037 愛知県小牧市小針二丁目129番地
電話:0568−85−7705 FAX:0568−77−7024
メール:kobo@minowa-arch.com

by yuichiro-minowa | 2017-01-23 12:38 | 大泉寺の家 | Comments(0)

スッキリした家

「狭い家」が良いっていうのは言い過ぎだけど、あまり広すぎると、
記事に書いてるようなことはおこりがち。僕もそんな事例を沢山見てきました。

狭い広いに優劣を付けるのではなく、
そこで暮らして居心地が良いスケール感の家、そこに適度な収納力が備わり、
その状態をキープしたいと思える家となっているかどうかが僕達の腕の見せ所だと
常々思っています。

一方、僕達家族も、住まい手として引っ越しが控えているので、モノと向き合う最終局面。
子育て世代にはかなりハードルが高い、、、住まい力を高めないとです!



by yuichiro-minowa | 2017-01-20 05:00 | studies | Comments(0)

トレペ

a0334755_13144900.jpg

トレーシングペーパーの補充で訪れた文具屋のおばちゃんに、
「今時トレペを使うなんて珍しいねぇ〜、若いのに!絶滅危惧種だね!」と一言。
どうやら手描き図面が減り、トレペを購入する人が激減したので、在庫もあまり持たなくなったようです。

手描きをしながら案を練る僕には欠かせない道具の一つなので、在庫をすべて頂いてきました。
これからも少しでいいので在庫しておいてくださいm(__)m


by yuichiro-minowa | 2017-01-19 13:25 | 日々 | Comments(0)

雪だるま

a0334755_17394117.jpg

娘にせがまれ、現場雪だるま。

by yuichiro-minowa | 2017-01-16 17:44 | 大泉寺の家 | Comments(0)

雪見窓

a0334755_03314319.jpg

大寒波が到来し、大泉寺の家では借景させて頂く桜の木が樹氷のような姿を見せてくれています。

お庭や近隣の自然環境を取り込んみ、四季のある豊かさを感じながら暮らしたい!そんな思いから窓のあり方にを大切にしています。

その設計は難しくて面白い。断熱のこと、通風のこと、気密のこと、日射コントロールのこと、プライバシーのこと、窓掃除・メンテナンスのこと、等々のバランスに注意をはらいつつ、なによりもきれいな光を室内に導きたい、、、やっぱり難しい、、、だけど面白い。

現場に入ってからもここの窓のあり方を温めてきました。障子、ガラス戸、網戸、雨戸の組み合わせで、 『暮らしのシーンにあわせて外部と関係を選ぶことができる』そんな開口部でありたい。

写真はガラス戸と網戸を閉めた状態、この地域ではそれほど多くないシーンですが、いい雪見窓です。





みのわ建築設計工房  箕輪裕一郎
住所:〒485-0037 愛知県小牧市小針二丁目129番地
電話:0568−85−7705 FAX:0568−77−7024
メール:kobo@minowa-arch.com



by yuichiro-minowa | 2017-01-15 05:46 | 大泉寺の家 | Comments(0)

今年のスタート!

1月6日からみのわ建築設計工房は新しい年をスタートしております!
本年もどうぞよろしくお願いしますm(__)m

a0334755_04171453.jpg

まずは各現場廻りから、大泉寺の家は内部木工事も最終段階でそろそろ足場がはずれる予定、年明け早々に外部の木製建具が納まり、外観が家らしくなってきました。

外構が整った春頃にお披露目の予定です!

a0334755_04174558.jpg

移動中に名古屋のネジ屋さんへ寄り道。ここにないネジはないというくらいの品揃えなので、家具や建具のデザインをする段階で、希望のサイズの部材があるのかどうかを確認するために、たま〜に足を運びます。

今回も店員さんに希望を伝えてから、ものの数分もしないうちに、天井までネジの箱で山積みになった店内の奥の方から「これでどうでしょう」と涼しい顔で見つけ出してくれました。流石です!

a0334755_04182020.jpg

ネジ屋さんを後にして、下内橋の家に到着。

ここは育ち盛りの“子供達こと”と“その関係性”を大切にしたプランニングの家、
まわりの環境との関係性と合わせてシンプルに解くことができた住まいです。

a0334755_04184353.jpg

こちらも春頃にはお披露目できると思います!





みのわ建築設計工房  箕輪裕一郎
住所:〒485-0037 愛知県小牧市小針二丁目129番地
電話:0568−85−7705 FAX:0568−77−7024
メール:kobo@minowa-arch.com


by yuichiro-minowa | 2017-01-13 06:15 | Comments(0)