<   2016年 07月 ( 6 )   > この月の画像一覧

朝の現場

a0334755_08564567.jpg

採寸をする為に早朝の大泉寺の家へ。

まだまだ足場や養生や材料等々で賑やかですが、2階リビングの開口部と深く出した軒が形になり、拝借する景色がなんとなく見て取れるようになってきました。

朝の日がつくる陰影と借景を愉しむリビングで気持ちのよい朝を迎ることができそうで、今から足場がとれる日が待ち遠しいです。







みのわ建築設計工房  箕輪裕一郎
住所:〒485-0037 愛知県小牧市小針二丁目129番地
電話:0568−85−7705 FAX:0568−77−7024
メール:kobo@minowa-arch.com

by yuichiro-minowa | 2016-07-29 09:56 | 大泉寺の家 | Comments(0)

きれいな屋根の稜線

a0334755_20081724.jpg

説明をしないと誰も気がつかないので、、、モノづくり好きな方はお付き合いくださいm(__)m

一見普通の屋根ですが、普通に見せるために一手間かけています!
屋根材の形状、仕上げ方、下り棟カバーの形状、棟の形状、雨仕舞い、等々を検討するために実物大のサンプルを数種類制作し、目指したのは「さりげなく品のよい屋根」。

先日、現場を訪れてみると、屋根工事が一段落し、屋根の稜線がきれいに出ていました。

既製品を否定している訳ではありませんが、職人さんの手が生み出す仕上がりのいい仕事には他では得難いものがまだまだあります。

アドバイスを下さった住宅建築仲間の皆さんや
灼熱の屋根の上で施工して頂いた池上板金さんにこの場をかりてお礼申し上げます。







みのわ建築設計工房  箕輪裕一郎
住所:〒485-0037 愛知県小牧市小針二丁目129番地
電話:0568−85−7705 FAX:0568−77−7024
メール:kobo@minowa-arch.com

by yuichiro-minowa | 2016-07-16 10:43 | 大泉寺の家 | Comments(0)

価値観がつながる

嬉しいことがありました!

大泉寺の家の棟梁をはって頂いている大工さんと帰りがけに立ち話。ん?座ってたかなぁ。

なんでも設計事務所に勤めていたこともあるとか。「えーーーっ?そうなんですか。」

打合せをしていても意図をくんでくれるというか、「それだったらこういうやり方がある」とか、話が積み上っていく気持ちよさがありました。年齢も若い方なのでそれによるものだと思っていましたが、「それでかぁ」と大いに納得しました。

話はフリーハンドの小井田さんのお仕事を大工として関わってきたことや、好みの住宅建築家のことまで及び、、、どうやら永田昌民さんの建築が学生の頃から好きだったよう、最近になって永田さんの建築が気になり始めて学ぶようになった僕にとっては大先輩です。

根っこの部分で同じ価値観を持った方と仕事ができるなんて、こんな嬉しいことはありません。
いろいろと図面への注文が多いですけど、、、(笑)
でも、それは設計事務所を成長させる為にとても大切なこと。

僕の胸の内を鋭く察して、鈴木棟梁を連れてきてくれたカワイ建築の河合さんに感謝です!

a0334755_10353137.jpg
まだまだ沢山腕をふるって下さい!


【大泉寺の家の進行状況をこちらで一覧できます!】






みのわ建築設計工房  箕輪裕一郎
住所:〒485-0037 愛知県小牧市小針二丁目129番地
電話:0568−85−7705 FAX:0568−77−7024
メール:kobo@minowa-arch.com

by yuichiro-minowa | 2016-07-14 10:25 | 大泉寺の家 | Comments(0)

夏の頂き物

a0334755_09283804.jpg

我が家にフルーツバブルが訪れました(笑)
さくらんぼや桃が各所から届き、、、ありがたいです。

なんでも、佐藤錦をしのぐ美味しいサクランボだとか、、、ですが、
このランクになると、どちらがどうという優劣がつけにくい、、、、どっちもうまい!!

フルーツ好きにとっては幸せな一週間を過ごせそうです。





みのわ建築設計工房  箕輪裕一郎
住所:〒485-0037 愛知県小牧市小針二丁目129番地
電話:0568−85−7705 FAX:0568−77−7024
メール:kobo@minowa-arch.com

by yuichiro-minowa | 2016-07-08 09:36 | 日々 | Comments(0)

断熱工事 セルローズファイバー

a0334755_06263272.jpg

大泉寺の家は断熱工事が完了しました。僕自身、初めて採用したセルローズファイバーです。

数ある断熱材の中でも、すき間をつくらない施工が可能なことから、
断熱材の性能を100%発揮しやすい素材の一つです。

それに加えて、調湿性能を持ち合わせ、防音効果を期待できることが採用の決め手となりました。
(ゴルフの練習場が隣なので(笑))

今回腕をふるって頂いたのは、業界でもno.1の高密度施工技術を誇る株式会社マツナガさん。
実際に施工現場に立ち会い、その確かな技術力を肌で感じることが出来ました。
すき間なく施工することが重要だといわれている断熱工事において、
“安定した施工力を発揮できること”は“断熱材そのものの性能”と合わせて大切なことだと思います。

気になるコストは、手間をかける分だけ他と比べると割高なのですが、
採用できる条件であれば、ぜひまた採用をしたい素材&施工部隊です。

<大泉寺の家 省エネ性能>
UA値  0.52W/㎡K
Q値  1.68W/㎡K
(これは障子やブランドを抜いた数値、使用を予定しているので、実際はもう少し上がる予定!)
少し先にはなりますが、実際に暮らしはじめてからのレポートをしながら、
自分なりの設計目標値を探っていきたいと考えています。

a0334755_09395040.jpg


【大泉寺の家の進行状況をこちらで一覧できます!】






みのわ建築設計工房  箕輪裕一郎
住所:〒485-0037 愛知県小牧市小針二丁目129番地
電話:0568−85−7705 FAX:0568−77−7024
メール:kobo@minowa-arch.com

by yuichiro-minowa | 2016-07-05 07:04 | 大泉寺の家 | Comments(0)

梅シロップできました!

a0334755_07002951.jpg

梅雨空けではないかと思える程暑い日が続いている中、
我が家では、6月に仕込んでおいた梅シロップが飲み頃を迎えました。





みのわ建築設計工房  箕輪裕一郎
住所:〒485-0037 愛知県小牧市小針二丁目129番地
電話:0568−85−7705 FAX:0568−77−7024
メール:kobo@minowa-arch.com

by yuichiro-minowa | 2016-07-04 07:07 | 日々 | Comments(0)