<   2016年 05月 ( 14 )   > この月の画像一覧

外壁塗装見本

a0334755_07000564.jpg
a0334755_07003140.jpg

大泉寺の家の外壁で採用する「杉の赤身板」
外部に使用する木材として定評のある素材だと思います。

今回は、仕上げをする前のザラザラした状態で材木屋さんに用立ていただき、それにプラネットカラーで塗装をかけます。

緑との相性の良い色から選抜したメンバーの中から選挙です!

a0334755_08132234.jpg

白状しますと、仕上げる前の木を外壁に使うことは、一昨年に参加していた住宅デザイン学校のツアーで訪れた、福島は会津磐梯の名宿HOTELLI aaltoで使われていた手法です。

a0334755_08160262.jpg







みのわ建築設計工房  箕輪裕一郎
住所:〒485-0037 愛知県小牧市小針二丁目129番地
電話:0568−85−7705 FAX:0568−77−7024
メール:kobo@minowa-arch.com

by yuichiro-minowa | 2016-05-27 07:58 | 大泉寺の家 | Comments(0)

本の収集

a0334755_07380985.jpg

ぽちぽちと収集して、だんだんと本がたまってきました。
まだまだ腰を据えて目を通す時間がとれそうにないのですが、
これらをじっくり読むことを目標に梅雨時期を乗り越えたいと思います。





みのわ建築設計工房  箕輪裕一郎
住所:〒485-0037 愛知県小牧市小針二丁目129番地
電話:0568−85−7705 FAX:0568−77−7024
メール:kobo@minowa-arch.com

by yuichiro-minowa | 2016-05-26 07:41 | studies | Comments(0)

基礎工事

a0334755_05080027.jpg

配筋検査をおえて、コンクリートの打設を待つばかりの現場。
地盤が良好だったので、地盤改良なしのベタ基礎を採用しております、、、ありがたいです。
(ちなみに、奥に見える茶色い車庫は解体予定なのですが、もう少しだけ働いてもらいます。)

もうすぐ見えなくなってしまう部分なのですが、とても精度高く鉄筋が組まれており、難易度の高い部分もきれいに納まっています。

a0334755_05082962.jpg

配筋検査の際に指摘した部分を熱っぽく確認する基礎屋さん。
見えなくなってしまうところに意識を持って向かう職人さんの姿はすばらしいと思います。

この後、僕はコンクリートミキサー車3台分の打設を見届けて、事務所へ戻りました。

【工事の進捗状況はカワイ建築さんのblogでも取り上げて頂いています!】


【大泉寺の家の進行状況をこちらで一覧できます!】





みのわ建築設計工房  箕輪裕一郎
住所:〒485-0037 愛知県小牧市小針二丁目129番地
電話:0568−85−7705 FAX:0568−77−7024
メール:kobo@minowa-arch.com


by yuichiro-minowa | 2016-05-23 05:54 | 大泉寺の家 | Comments(0)

サイダー

a0334755_15490522.jpg

授業参観後のランチで訪れた喫茶店で、
店員さんが「金魚がいるみたいでしょ(^^)」と粋なみたてをしてくれました。
まだまだ梅雨もこれからなのですが、一気に夏が来た気分です!





みのわ建築設計工房  箕輪裕一郎
住所:〒485-0037 愛知県小牧市小針二丁目129番地
電話:0568−85−7705 FAX:0568−77−7024
メール:kobo@minowa-arch.com

by yuichiro-minowa | 2016-05-21 16:01 | 日々 | Comments(0)

割り栗石

a0334755_16050008.jpg

大泉寺の家の基礎工事が始まりました。

掘り起こした残土の中から、実家の基礎下に使われていた割り栗石がゴロゴロと出てきました。
基礎屋さんに聞くと、「当たり前のようにあった材料だったが、最近は以前ほどみかけなくなった。」
とのこと、それに表情が良さそうなので、家族みんなで(主に定年後の時間を満喫している両親なのですが、、、そのうち怒られるかも。)もう少し残土の中を探すことにしました。

一定量見つかればどこかで活かそうと目論んでいます!







みのわ建築設計工房  箕輪裕一郎
住所:〒485-0037 愛知県小牧市小針二丁目129番地
電話:0568−85−7705 FAX:0568−77−7024
メール:kobo@minowa-arch.com

by yuichiro-minowa | 2016-05-16 16:24 | 大泉寺の家 | Comments(0)

上棟前の打合せ

a0334755_14080677.jpg

上棟に向けてカワイ建築の河合さんと大工さんとでディテールの打合せ。

設計意図を伝え、つくり手あでる大工さんと意見を交え、ブラッシュアップをしていきます。いくつかサンプルもつくりながらの検討で、実際によりよい形になっていく手応えが感じられるので充実感があります。







みのわ建築設計工房  箕輪裕一郎
住所:〒485-0037 愛知県小牧市小針二丁目129番地
電話:0568−85−7705 FAX:0568−77−7024
メール:kobo@minowa-arch.com

by yuichiro-minowa | 2016-05-12 05:50 | 大泉寺の家 | Comments(0)

解体工事前日の記念撮影

a0334755_00533609.jpg

少しさかのぼりますが、解体日が近づくにつれて段々と淋しさがつのり、、、急に何か出来ないかと思うようになり、、、ホント、急なお願いだったのですが、滑り込みで解体工事の前日、photographerの林直美さんにフイルムに焼き付けてもらいました。

a0334755_01004310.jpg
a0334755_01041902.jpg
a0334755_00511752.jpg

林さん独特のやわらかい光に包まれた写真達のおかげで、いい思い出をつくることが出来ました。







みのわ建築設計工房  箕輪裕一郎
住所:〒485-0037 愛知県小牧市小針二丁目129番地
電話:0568−85−7705 FAX:0568−77−7024
メール:kobo@minowa-arch.com


by yuichiro-minowa | 2016-05-11 07:25 | 大泉寺の家 | Comments(0)

生で聴くのだめカンタービレの音楽会

a0334755_06300952.jpg

娘と奥さんに誘われて、オペラと交響曲の生演奏を聴きに、何十年ぶりかに春日井市民会館を訪れました。特段に興味がある訳ではなかったのですが、一度鑑賞した奥さんの、「見ておいた方がいいよ」という強い推薦があったのと、どんなに忙しくても月に一度はいいものに触れようという自分へのルールを決めたところだったので、親子3人でS席という大フンパツです。(1人はまだ1歳なのでお留守番、、、ごめんね。)

ドラマのオープニングでも使われたベートベンの交響曲第7番。
指揮者の茂木大輔さんが自身で作成した解説が生演奏のバックのスクリーンに映し出され、「ゆるがないリズムが全曲を通して貫かれている」などなど、初心者の僕にはわかりやすく、(設計にも通じる部分があるような気がしてきて、、、)もう少しのめり込みたいなと思わせてくれる内容でした。

なにより、生演奏の楽しさに、「viva!Beethoven!」って気持ちになる音楽会でした。

a0334755_06303787.jpg

ついでに生で観る春日井市民会館探訪(笑)


a0334755_06302214.jpg

調べてみると、昭和40年に竣工しており、設計は日建設計さんだそうです。僕が生まれる10年以上も前からある建物をしみじみと散策。
ホワイエのフロアーは、おそらく当時のままだと思われるモルタルに目地がきってあるだけの質素な仕上げなのですが、ガラスのカーテンウォールからさす光を反射する表情が渋いです!!





みのわ建築設計工房  箕輪裕一郎
住所:〒485-0037 愛知県小牧市小針二丁目129番地
電話:0568−85−7705 FAX:0568−77−7024
メール:kobo@minowa-arch.com

by yuichiro-minowa | 2016-05-09 11:40 | 日々 | Comments(0)

木漏れ日

a0334755_18035678.jpg

地縄張り(位置確認)。

大泉寺の家では、まわりのよい環境を窓から取り込んだり、見たくないものは壁で遮ったりしながらプランを組み立てています。奇をてらったことはしていませんが、素直に光や風やいい景色を取り込みながら、暮らしの場所を整えていくことを大切にしています。

それをもう一度現場で再確認しながら建物の位置を出してみて
あらためて気が付いたことがありました。

先に行った透かし剪定のおかげで、母室の地窓先のグランドレベルに木漏れ日が落ちるようになり、さらにその先には剪定されたことで枝振りがきれいになったヒラドツツジが(^^)、、、計算通りの建物配置と言いたいところですが、嬉しい誤算です。

剪定が終わった時点ではまったく気がつかなかったのですが、、、(不覚)
こういういい仕事をサラッとされると、負けていられなくなるので、この地窓のわきに良い場所をつくることでお返しをしたいと思います!







みのわ建築設計工房  箕輪裕一郎
住所:〒485-0037 愛知県小牧市小針二丁目129番地
電話:0568−85−7705 FAX:0568−77−7024
メール:kobo@minowa-arch.com

by yuichiro-minowa | 2016-05-07 05:44 | 大泉寺の家 | Comments(0)

スプリングキャンプ

a0334755_10390506.jpg

材木ツアーを後にして、近くで集まっていた保育園OB仲間のキャンプへそのまま合流。
新緑が爽やかで、川のせせらぎを聞きながら、気の知れた皆様との仕事終わりのビール、、、最高でした。

実は温泉好きな僕にとって近くに温泉があることが尚嬉しく、(材木屋さんもある(笑))少しだけのGWを楽しむことが出来ました!





みのわ建築設計工房  箕輪裕一郎
住所:〒485-0037 愛知県小牧市小針二丁目129番地
電話:0568−85−7705 FAX:0568−77−7024
メール:kobo@minowa-arch.com

by yuichiro-minowa | 2016-05-06 05:53 | 日々 | Comments(0)