<   2015年 11月 ( 2 )   > この月の画像一覧

スタンドライト その1

a0334755_16271595.jpg

ライトの余韻が冷めないまま次に向かったのが、照明づくりをしているflameさん。
狙った訳ではないですが、ライトつながり(笑)

照明が、明るさを得るためだけのものではなく、
暮らしの中になくてはならない“豊かな灯り”であってほしい。

という想いでつくられている灯りにとても共感できるものがあり、
実物をみてみたかったのです。

a0334755_16272918.jpg

現在の暮らしにも使えるので、まずは一灯のスタンドライトを購入。
一目惚れした感はありますが、照明計画の検討に使うためでもあります。

部屋の明るさを確保するためだけではなく、灯りが場所をつくるような計画ができたらと思います。

a0334755_20143862.jpg

住宅街の一角にひっそりと佇み、緑豊かなお庭のある店構えがいいですね。


【大泉寺の家の進行状況をこちらで一覧できます!】





みのわ建築設計工房  箕輪裕一郎
住所:〒485-0037 愛知県小牧市小針二丁目129番地
電話:0568−85−7705 FAX:0568−77−7024
メール:kobo@minowa-arch.com

by yuichiro-minowa | 2015-11-10 05:03 | 大泉寺の家 | Comments(0)

ヨドコウ迎賓館(旧山邑邸)

a0334755_10273669.jpg

芦屋にあるF.L.ライトが設計したヨドコウ迎賓館を訪れました。
全体的に写真で想像していたよりも一回りも二回りも小さく、しっくりとくるとてもよいスケール感です。
車寄せに隣接するベランダからは芦屋の街を一望でるという抜群のロケーション。
エントランスわきにある静かなこの場所にとても惹かれます。

a0334755_12105148.jpg

この建築は小高い丘の上にあります。敷地沿いの坂をある程度昇った敷地の最北端から入り、
敷地内を逆方向(南へ)に戻るアプローチとすることで
空と芦屋の街が背景として訪れる人を出迎えてくれます。
さすがの配置計画が生み出す爽快なアプローチです。

a0334755_11582336.jpg

応接室の窓際に造り付けられたソファー。この囲われた気持ち良さそうなコージーコナーの天井高は2,200、禁止されていて実際に座ることができないのが残念。(こっそり座るなんてしてません、、、)

a0334755_12021834.jpg

奥に見える2つの入口の幅は620程、この狭い入口を通ることで応接室の広がりを強調させることを狙っており、ライトが好んで用いていた手法だとか。

a0334755_12184152.jpg
a0334755_12081387.jpg

家族室と名付けられた階段と和室をつなぐスペース。
とても居心地のいい場所でした。ここのソファーも禁止されていて実際に座ることができないのが残念。
(こっそり座るなんてしてません、、、)

こんな空間や応接室のような大きな空間、玄関はかなりぎゅっとしたほの暗い空間であったりなど、
天井高や部屋の広さにメリハリをつけながら繋げていることで、
大きな家なのに間延びしている感じがなく、
家中を歩きまわっても飽きのこないとても楽しい大きな家でした。





みのわ建築設計工房  箕輪裕一郎
住所:〒485-0037 愛知県小牧市小針二丁目129番地
電話:0568−85−7705 FAX:0568−77−7024
メール:kobo@minowa-arch.com

by yuichiro-minowa | 2015-11-04 17:08 | studies | Comments(0)