<   2015年 02月 ( 7 )   > この月の画像一覧

手嶋保さん講演会

a0334755_19495312.jpg
今日は愛知建築士会名古屋名東支部さん開催の講演会に参加してきました。
手嶋保さんのお話をお聞きするのは二回目。
(前回は大阪で竹原義二さんとの対談、、、というか竹原showでした。)

昨年の住宅建築2・12月号に掲載されていた住まいを題材に、
建築家・服部信康さんとおこなったセッションを通して、
手嶋保さんの設計に対する考えに触れることができました。

手嶋さんは、是見よがしでなく、こっそりと隅々まで丁寧に設計することを信条とし、
借り物でない、その人らしい生活の場を築くことに重きを置いているそうです。

作品はもちろんですが、そういうところにもすごく惹かれます。





みのわ建築設計工房  箕輪裕一郎
住所:〒485-0037 愛知県小牧市小針二丁目129番地
電話:0568−85−7705 FAX:0568−77−7024
メール:kobo@minowa-arch.com

by yuichiro-minowa | 2015-02-28 21:49 | studies | Comments(0)

菜の花

a0334755_11461938.jpg
菜の花が手に入ったので
からしあえを仕込みました。

母親が帰るまでの娘と二人暮らし、
野菜嫌いの娘にもなんとか食べてもらおうと、
菜の花とハムの卵とじも用意、出汁からとる程がんばりました。

ですが、、、、、撃沈。
なんとか一口食べてくれて終了(涙)





みのわ建築設計工房  箕輪裕一郎
住所:〒485-0037 愛知県小牧市小針二丁目129番地
電話:0568−85−7705 FAX:0568−77−7024
メール:kobo@minowa-arch.com

by yuichiro-minowa | 2015-02-26 11:58 | 日々 | Comments(0)

新しい家族

a0334755_02334395.jpg
2015年2月18日、僕らにとって第二子ちゃんとなる女の子が
2670gで元気に生まれてきてくれました。

思いを巡らせた末に、名には「友達がたくさんできますように。」
という願いを込めました。
お姉ちゃんの名に込めた「笑顔があふれますように。」
という願いと合わせて、僕らから姉妹二人へ贈る願いです。

ありふれていますが、
二人仲良く、賑やかでほがらかな姉妹でありますように。





みのわ建築設計工房  箕輪裕一郎
住所:〒485-0037 愛知県小牧市小針二丁目129番地
電話:0568−85−7705 FAX:0568−77−7024
メール:kobo@minowa-arch.com

by yuichiro-minowa | 2015-02-25 03:26 | 日々 | Comments(0)

Gardening研究会

a0334755_10085490.jpg
(研究会の前に立ち寄った自然樹形の植木が豊富な古川庭樹園さんの植木畑)

インプット活動に勤しんでいるこの頃です。

若い造園家の西村直樹さんと知り合えたことがきっかけで、大阪の造園家・武部正俊さんが主催されているGardening研究会に参加させていただきました。
「庭に興味があれば誰でも気軽に話ができる会」とのことだったので、
学びたいという思いをもって参加してきました。

豪華なメンバー揃いなのですが、(武部さんに荻野さんに古川さん、かなり緊張しました(汗))
アットホームでとても気さくに話のできる雰囲気にビックリ。
大阪ってあったかいところです。

お話はGardening研究会だけあって、お庭のことがメイン。
「西芳寺(苔寺)の庭は今の状態を意図してつくられたのではなく、かわらないものを骨格としながらうつろいゆくところに人が引きつけられている。」
武部さんの深い見識に触れ、もっとお話しを聞いてみたいと引き込まれました。

モノづくりをする者の姿勢や本質的なことにまで話が及び、
さらには荻野さんの新作の発表。
皆さんが持っているものを包み隠さず公表し、気軽に意見を交わし合いながら、
お互いを高め合える場、しかも誰にでも開かれた会。

建築の分野でもこんな場を見つけたいし、なければつくりたいです。

是非また参加させて頂きたい研究会でした。





みのわ建築設計工房  箕輪裕一郎
住所:〒485-0037 愛知県小牧市小針二丁目129番地
電話:0568−85−7705 FAX:0568−77−7024
メール:kobo@minowa-arch.com

by yuichiro-minowa | 2015-02-16 22:54 | studies | Comments(0)

佐藤重徳さんが手掛けた住宅を見学

楽しみにしていた佐藤重徳建築設計事務所の見学会へ参加するために静岡駅に到着。

佐藤さんは、住宅デザイン学校設計教室へ参加した時に、
設計・建築に向かう姿勢を熱っぽく教えてくれた先生であり、大先輩であり、
お兄ちゃんのような?、、、そんなとても温かい方です。

見学させて頂いた住まいは、南南西と北北東の2つのお庭の間に7.7m角の木造の住まいが置かれ、
その2つのお庭をつないで楽しめる明快でコンセプチュアルなプランです。
とここまで聞くと、コンセプトを強く主張するような奇抜なデザインの住まいのようですが、
そうではなく(そこが凄い!)、
とても品良く自然にまとめられているところがとっても好感で、
そのあたりに設計の経験値と技量が必要なんだと感じました。

師匠である中村好文さんの流儀を受け継いだアイデアやディテールもありながら、
佐藤さんらしさを感じられる雰囲気が色濃くあり、
中村さんと佐藤さんとの良い師弟関係が建物の雰囲気や空気感にも表れている様に感じました。

さらに先には吉村順三さんがいるわけで、、、
そんな風に脈々と受け継がれているっていいよなぁ〜と浸りながら帰路につきました。





みのわ建築設計工房  箕輪裕一郎
住所:〒485-0037 愛知県小牧市小針二丁目129番地
電話:0568−85−7705 FAX:0568−77−7024
メール:kobo@minowa-arch.com

by yuichiro-minowa | 2015-02-15 06:28 | studies | Comments(0)

自宅の敷地調査

a0334755_18475835.jpg
僕が高校生まで暮らしていた実家。
ここに戻り、2世帯で暮らすための住まいを計画します。

以前は、南と西の隣地に梅畑と原っぱが広がり、牧歌的なとても良い環境でしたが、
僕が中学生の頃?にゴルフ練習場と駐車場ヘと様変わりしました。
それにあわせて、気持ちがよかった南側の窓のカーテンを閉めることが多くなり、
生活領域も奥へ奥へと移り変わり、お庭との関係も薄くなりました。

それから20年が経ち、生活スタイルはそのままですが、少しだけ状況が好転。
南と西にあるL字の土地(以前は植木畑だったそうです。)にあった小さな植木達が、
とても大きく育ち、(育ってしまったといった方が正しいかも、、、。)
ゴルフ練習場・駐車場の緩衝帯として期待ができそうです。

手に負えないので切ってしまうという選択肢もあるのですが、いくつか設計の手がかりを見つける事もできたので、その木々達を残して活かす案を探ろうと思います。







みのわ建築設計工房  箕輪裕一郎
住所:〒485-0037 愛知県小牧市小針二丁目129番地
電話:0568−85−7705 FAX:0568−77−7024
メール:kobo@minowa-arch.com

by yuichiro-minowa | 2015-02-12 21:26 | 大泉寺の家 | Comments(0)

設計することを教えてくれるキッチン本

a0334755_12125513.jpg

キッチンに“楽しむ”という視点をプラスして設計するとどうなるか。

雰囲気や収納方法について触れている本は多くあるのですが、
小手先ではなく、キッチン(住まいを含めて)を設計するとはこういう事だよ
と教えてくれる内容でした。

家の中にうまく納めるだけではない、
心地良い居場所として設計された、住まい手に馴染む楽しいキッチンを
“寸法入りの図面”や“住まい手が使いこなしている写真”を用いて紐解いてくれます。

キッチンを設計する際に、こんなアプローチの仕方をするのもいいと
教えてもらいました。

さらに、キッチンにとどまらず阿部勤さんの設計に対する考え方にも触れられ、
(ご自宅である“中心のある家”にいつか行ってみたーーーい!)
合間合間に料理のレシピも楽しめるおまけ付き。

かなりお腹いっぱいです!(キッチン本だけに)





みのわ建築設計工房  箕輪裕一郎
住所:〒485-0037 愛知県小牧市小針二丁目129番地
電話:0568−85−7705 FAX:0568−77−7024
メール:kobo@minowa-arch.com

by yuichiro-minowa | 2015-02-01 15:51 | studies | Comments(0)