カテゴリ:studies( 26 )

スッキリした家

「狭い家」が良いっていうのは言い過ぎだけど、あまり広すぎると、
記事に書いてるようなことはおこりがち。僕もそんな事例を沢山見てきました。

狭い広いに優劣を付けるのではなく、
そこで暮らして居心地が良いスケール感の家、そこに適度な収納力が備わり、
その状態をキープしたいと思える家となっているかどうかが僕達の腕の見せ所だと
常々思っています。

一方、僕達家族も、住まい手として引っ越しが控えているので、モノと向き合う最終局面。
子育て世代にはかなりハードルが高い、、、住まい力を高めないとです!



by yuichiro-minowa | 2017-01-20 05:00 | studies | Comments(0)

軽井沢 建築旅 前半

a0334755_08414686.jpg

先月のことになりますが、軽井沢に建築仲間の皆さんと軽井沢サイクリング建築ツアー。メインの目的は、尊敬する建築家の伊礼智さんと家具作家の丸谷芳正さんの対談 。

a0334755_09030599.jpg

お昼から始まる対談までの時間は怒濤のサイクリング建築巡り、中でも室生犀星記念館に惹かれました。

a0334755_10024752.jpg

前面の築庭を取り込みながら、三畳から四畳半、その奥の入口までちょっとづつズレてつながるプラン。ちらちらと見えたり見えなかったりしながらつくられるコンパクトな奥行き感がとってもイイ。

a0334755_08560027.jpg

建築好きなおじさん達で記念撮影!

a0334755_08490137.jpg

万平ホテルでティータイム、ジョンレノンの希望でメニューに加わったというロイヤルミルクティーと、好んで食べていたというアップルパイのジョンレノンセットを注文。どーでも良いことなのですが、僕の誕生日はジョンレノンと一緒、感慨深いです(笑)

a0334755_08545527.jpg

これを7人のおじさんで頂く至福の時間、、、。しっかり充電して旅は後半へ!





みのわ建築設計工房  箕輪裕一郎
住所:〒485-0037 愛知県小牧市小針二丁目129番地
電話:0568−85−7705 FAX:0568−77−7024
メール:kobo@minowa-arch.com


by yuichiro-minowa | 2016-11-28 09:50 | studies | Comments(0)

ガーデニング研究会 2016.11.20

a0334755_08471871.jpg

秋のガーデニング研究会に参加し、造園家の荻野寿也さんの新事務所を見学させて頂きました。

エントランスに外部空間である庭を取り込んだプランニングが目を引きます。手前のセブンチェアーは打合せスペース、そこに腰掛けながら「緑に手が届くって気持っちええやろ!」という荻野さんのニッコリの問いかけに、素直にうなずける気持ちよさを感じます。

ここに座るとホントお尻に根が生える、、、!

きちんと排水をとり、通風・日照をどう取り込むかという緑に配慮のあるディテールとプランニングがしっかりしているところも見逃せません。

樹形に馴染むプロポーションまで削ぎ落された階段から、枝葉の中を通って2階にあがるのも楽しい。
「人と緑」「建物と緑」さらには「街と緑」との関わり方の提案がぎゅっと詰まっていてる建物とお庭でした。

このような機会をいただき、ありがとうございました。





みのわ建築設計工房  箕輪裕一郎
住所:〒485-0037 愛知県小牧市小針二丁目129番地
電話:0568−85−7705 FAX:0568−77−7024
メール:kobo@minowa-arch.com



by yuichiro-minowa | 2016-11-21 10:57 | studies | Comments(0)

本の収集

a0334755_07380985.jpg

ぽちぽちと収集して、だんだんと本がたまってきました。
まだまだ腰を据えて目を通す時間がとれそうにないのですが、
これらをじっくり読むことを目標に梅雨時期を乗り越えたいと思います。





みのわ建築設計工房  箕輪裕一郎
住所:〒485-0037 愛知県小牧市小針二丁目129番地
電話:0568−85−7705 FAX:0568−77−7024
メール:kobo@minowa-arch.com

by yuichiro-minowa | 2016-05-26 07:41 | studies | Comments(0)

そよ風セミナー in 春日井

地元春日井市の稲口町で行われたそよ風セミナー。
開催場所は、娘を保育園に送った後に立ち寄れる程の距離、、、近いって素敵です(笑)

2月の雪がちらつく頃の見学でしたが、
太陽熱を利用した住まいは、ほんのりとした暖かさがあり、
なによりも太陽の恩恵を受けていることへの嬉しさを感じました。
おひさまっていいなと思えます。

設計は徳田英和さん、施工は和工務店さん。
徳田さんらしい優しいテイストで、さすがの設計力と施工力を感じられる住まいでした。
見学会もおこなっているようですので、この時期に体感してみるのもオススメです。

是非一度採用してみたい、気になるシステム!
ご希望の方、お待ちしております(笑)


みのわ建築設計工房  箕輪裕一郎
住所:〒485-0037 愛知県小牧市小針二丁目129番地
電話:0568−85−7705 FAX:0568−77−7024
メール:kobo@minowa-arch.com

a0334755_05062860.jpg


by yuichiro-minowa | 2016-03-17 05:39 | studies | Comments(0)

2間角の小さな土蔵

a0334755_17332485.jpg

昨日訪れた敷地内に付属していた小窓が一つだけついている2間角の小さな土蔵。
最近、図面、図面、図面の毎日ということもあって、ほんのりと明るい部屋に魅力を感じます。

こんな場所で仕事ができたら、集中力が増して図面が倍ぐらいの速さで仕上がりそうです(笑)





みのわ建築設計工房  箕輪裕一郎
住所:〒485-0037 愛知県小牧市小針二丁目129番地
電話:0568−85−7705 FAX:0568−77−7024
メール:kobo@minowa-arch.com

by yuichiro-minowa | 2015-12-15 06:08 | studies | Comments(0)

ヨドコウ迎賓館(旧山邑邸)

a0334755_10273669.jpg

芦屋にあるF.L.ライトが設計したヨドコウ迎賓館を訪れました。
全体的に写真で想像していたよりも一回りも二回りも小さく、しっくりとくるとてもよいスケール感です。
車寄せに隣接するベランダからは芦屋の街を一望でるという抜群のロケーション。
エントランスわきにある静かなこの場所にとても惹かれます。

a0334755_12105148.jpg

この建築は小高い丘の上にあります。敷地沿いの坂をある程度昇った敷地の最北端から入り、
敷地内を逆方向(南へ)に戻るアプローチとすることで
空と芦屋の街が背景として訪れる人を出迎えてくれます。
さすがの配置計画が生み出す爽快なアプローチです。

a0334755_11582336.jpg

応接室の窓際に造り付けられたソファー。この囲われた気持ち良さそうなコージーコナーの天井高は2,200、禁止されていて実際に座ることができないのが残念。(こっそり座るなんてしてません、、、)

a0334755_12021834.jpg

奥に見える2つの入口の幅は620程、この狭い入口を通ることで応接室の広がりを強調させることを狙っており、ライトが好んで用いていた手法だとか。

a0334755_12184152.jpg
a0334755_12081387.jpg

家族室と名付けられた階段と和室をつなぐスペース。
とても居心地のいい場所でした。ここのソファーも禁止されていて実際に座ることができないのが残念。
(こっそり座るなんてしてません、、、)

こんな空間や応接室のような大きな空間、玄関はかなりぎゅっとしたほの暗い空間であったりなど、
天井高や部屋の広さにメリハリをつけながら繋げていることで、
大きな家なのに間延びしている感じがなく、
家中を歩きまわっても飽きのこないとても楽しい大きな家でした。





みのわ建築設計工房  箕輪裕一郎
住所:〒485-0037 愛知県小牧市小針二丁目129番地
電話:0568−85−7705 FAX:0568−77−7024
メール:kobo@minowa-arch.com

by yuichiro-minowa | 2015-11-04 17:08 | studies | Comments(0)

脇田和さんアトリエ山荘

a0334755_16122456.jpg

毎年、脇田美術館でおこなわれる建築ワークショップ
12回目を迎える今回のテーマは「建築家・吉村順三とアメリカ」
吉村さんの源流を探るようなトークイベントでした。

その後、この日だけ一般公開される脇田アトリエ山荘の見学会へ。

実際に訪れてみると、うまく言えないのですが、
「これが吉村さんのつくる建築なんだなぁー」
という(わかりにくくてすいませんm(__)m)なんともいえない居心地の良さ。

話を聞くと、現場でギリギリまで検討をしながらの仕事だったそうで、
いかに実寸で考えることが大切かを改めて教わりました。

見学の制限時間は20分、居心地の良さに浸りながら、
それを生み出している要因を探しているとあっという間にタムアップ。

吉村さんの作品集で写真は見ていたのですが、
建築は実物を見ないとわからないということがよくわかります。

a0334755_16141461.jpg

ダイニングテーブルは折れ曲がったプランのコーナーに設けられ、
唐松の板をはった勾配天井はダイニングのところでぐぐっと頂点までのぼり、
そこから大きく外に開いた南の壁面まで緩やかに下っていきます。

a0334755_16143075.jpg

ダイニングのベンチソファーに腰掛けるとこんな感じ、根が生えます!

a0334755_16151494.jpg

中庭ではワインやチーズ、手作りのミネストローネなどなどが振る舞われ、盛り上がってます。
これを目的に来ているリピーターも少なくないとか。

a0334755_16175058.jpg
a0334755_10571558.jpg

ピロティーにも暖炉が設えられ、火を囲む楽しい場所が仕掛けられています。

a0334755_10575840.jpg

おまけ、、、裏から見てもかわいらしい佇まいです。





みのわ建築設計工房  箕輪裕一郎
住所:〒485-0037 愛知県小牧市小針二丁目129番地
電話:0568−85−7705 FAX:0568−77−7024
メール:kobo@minowa-arch.com

by yuichiro-minowa | 2015-10-27 06:56 | studies | Comments(0)

アントニン・レーモンドの聖パウロカトリック教会

a0334755_05014876.jpg

吉村さんの師匠であるアントニン・レーモンドの聖パウロカトリック教会。
写真で見るよりも一回りくらい小さくかわいらしい佇まいの教会です。
後ろ姿もいいのですが、写真はまたの機会に。(取り忘れただけなんですけど、、、)

芸能人がここで結婚式を挙げたりしているので、「どこかで見たことあるぞ」
という方もいるかもしれません。
ちなみに、私が結婚した頃のゼクシーで紹介されていました。

a0334755_05351099.jpg

どーでもいいかもしれませんが、私たちの結婚式は東京タワーの足下にある
レーモンドの聖オルバン教会で挙げさせて頂きました。

a0334755_05554131.jpg

おまけに聖オルバン教会です。
聖パウロカトリック教会と同じく、節のある丸太(こちらは丸太を半分に割って使っています。)
を使って組んだトラスに共通点があり、内装はより簡素な雰囲気です。
どちらかというと、内装の好みはこちら。

自転車を久しぶりに漕いだのと、運動不足がたたり、このあたりから足がパンパンに、、、。
次はいよいよ今回の目的である脇田和さんのアトリエ山荘です!





みのわ建築設計工房  箕輪裕一郎
住所:〒485-0037 愛知県小牧市小針二丁目129番地
電話:0568−85−7705 FAX:0568−77−7024
メール:kobo@minowa-arch.com

by yuichiro-minowa | 2015-10-24 06:29 | studies | Comments(0)

名作 軽井沢の山荘


a0334755_15450537.jpg

念願の吉村山荘。
個人所有のため、失礼のないように遠巻きから外部のみを見学。

ただの一ファンとして感動です。

いつかはお邪魔したい
次は身をもってこの建築の良さを知りたい
という想いが強くなるばかりでした。








みのわ建築設計工房  箕輪裕一郎
住所:〒485-0037 愛知県小牧市小針二丁目129番地
電話:0568−85−7705 FAX:0568−77−7024
メール:kobo@minowa-arch.com


by yuichiro-minowa | 2015-10-22 09:29 | studies | Comments(0)