カテゴリ:大泉寺の家( 95 )

断捨離 第一弾

a0334755_06020870.jpg

引っ越しは、自分たちにとって本当に必要なモノを見極めるチャンスだと思います。
自分たちの暮らしよ豊かにしてくれるモノを見定めて身近に置き、
モノに溢れて追われること無く、質素で豊かに日々を過ごせたらなぁと思っています。







みのわ建築設計工房  箕輪裕一郎
住所:〒485-0037 愛知県小牧市小針二丁目129番地
電話:0568−85−7705 FAX:0568−77−7024
メール:kobo@minowa-arch.com


by yuichiro-minowa | 2016-04-07 06:24 | 大泉寺の家 | Comments(0)

大泉寺の家 地鎮祭

a0334755_16522200.jpg

大泉寺の家(自宅)の工事の安全を祈願して地鎮祭をおこないました。
三世代そろっての記念撮影(^^)
僕の生まれ育った住まいを新たに3世代で住み継ぐために
建て替える計画の工事がいよいよスタートします。

ここからは、せっかくの機会なので設計者でありながら、
ものづくり好きなクライアントとしても楽しみたいと思います。

神主様の左隣には、今回の工事を取り仕切って頂く(有)カワイ建築の河合さん、とってもいい笑顔です!
契約関係を越えたところで、つくり手と共に同じ方向を向いて住まいづくりがしたい!
という僕の強い思いから、今回ご一緒して頂くことになった地元春日井の工務店さんです。

当日の様子を河合さんのblogでも紹介して頂いています!

a0334755_16505468.jpg
a0334755_16511995.jpg

父親が朝一で手に入れた真鯛を持ってきてくれました。
お願いしたお供え物のリストには入っていなかったのですが、、、
おやじの気合いが感じられます(笑)

a0334755_16513540.jpg

新しくこの地に住むみんなでお手伝いをしながら、土地の神様へのご挨拶です。

a0334755_16515797.jpg

長丁場になりますが、どうぞよろしくお願いします。


【大泉寺の家の進行状況をこちらで一覧できます!】





みのわ建築設計工房  箕輪裕一郎
住所:〒485-0037 愛知県小牧市小針二丁目129番地
電話:0568−85−7705 FAX:0568−77−7024
メール:kobo@minowa-arch.com

by yuichiro-minowa | 2016-04-05 21:16 | 大泉寺の家 | Comments(0)

木構造 打合せ

a0334755_07453379.jpg

一昨日の雪が残る中、大泉寺の家の木構造の打合せのために、車で1時間半をかけて中津川の坂下まで足を運びました。

a0334755_07461072.jpg

目的は大泉寺の家の1回目の木構造の打合せです。

朝一から休憩なしで2時間半みっちりと打合をおこない、材料のこと、ディテールのこと、加工のこと、施工性のこと、強度のことなどの意見交換が出来たおかげで計画内容をブラッシュアップ出来たと思います。

木造住宅規模であれば構造も自ら考えるべきという思いから、(師匠や諸先輩方の教えでもあります。)
みのわ建築設計工房では、構造計画も自らおこなうことを基本としています。
もう一つの理由として、今回のように、設計者としてしっかりと意図を伝えた上で、つくり手とお互いに意見交換することでより良いものにできるという実感があるからです。

見た目や数字にはなかなか表れてこないことなのですが、住宅の質をあげるために大切なプロセスだと考えています。

a0334755_07464041.jpg

打合せ後は中津川の有名店くるまやさんへ、蕎麦だけでお腹が満たされるほどしっかりしたお蕎麦でした。
ちなみに、「もりそば」と「ざるそば」の違いは、のりがのっているかいないかの違いだそうです。
今後は「のりにのっていく」という験を担いで、ざるそばを頼もうと思います(笑)







みのわ建築設計工房  箕輪裕一郎
住所:〒485-0037 愛知県小牧市小針二丁目129番地
電話:0568−85−7705 FAX:0568−77−7024
メール:kobo@minowa-arch.com





by yuichiro-minowa | 2016-01-22 11:53 | 大泉寺の家 | Comments(0)

トロフィー!!

a0334755_14013359.jpg

娘が習い事をしている団体のピアノコンクール全国大会でトロフィーを頂いてきました!
誰に似たのか不明の負けず嫌いが功を奏し、約半年間コツコツと練習を重ねてこられたご褒美です(^^)

同行した会場でお会いした先生からは、
「設計変更をしてグランドピアノをかってあげて下さい!!3畳あれば置けますからっ!!」
と懇願され、、、そんなに簡単なことじゃないんだけど、、、困ったなぁ〜。







みのわ建築設計工房  箕輪裕一郎
住所:〒485-0037 愛知県小牧市小針二丁目129番地
電話:0568−85−7705 FAX:0568−77−7024
メール:kobo@minowa-arch.com


by yuichiro-minowa | 2015-12-21 14:51 | 大泉寺の家 | Comments(0)

スタンドライト その1

a0334755_16271595.jpg

ライトの余韻が冷めないまま次に向かったのが、照明づくりをしているflameさん。
狙った訳ではないですが、ライトつながり(笑)

照明が、明るさを得るためだけのものではなく、
暮らしの中になくてはならない“豊かな灯り”であってほしい。

という想いでつくられている灯りにとても共感できるものがあり、
実物をみてみたかったのです。

a0334755_16272918.jpg

現在の暮らしにも使えるので、まずは一灯のスタンドライトを購入。
一目惚れした感はありますが、照明計画の検討に使うためでもあります。

部屋の明るさを確保するためだけではなく、灯りが場所をつくるような計画ができたらと思います。

a0334755_20143862.jpg

住宅街の一角にひっそりと佇み、緑豊かなお庭のある店構えがいいですね。


【大泉寺の家の進行状況をこちらで一覧できます!】





みのわ建築設計工房  箕輪裕一郎
住所:〒485-0037 愛知県小牧市小針二丁目129番地
電話:0568−85−7705 FAX:0568−77−7024
メール:kobo@minowa-arch.com

by yuichiro-minowa | 2015-11-10 05:03 | 大泉寺の家 | Comments(0)

トースター

a0334755_13560731.jpg

大泉寺の家の親世帯キッチンは高さの低い家電を前提に設計をしています。
それがリビング・ダイニングの雰囲気を大きく左右するのでそうしているのですが、
それはできてからのお楽しみにということで!

キッチンの設計をしていると家電のリサーチは欠かせません。
今回は、家電の機能に大きなこだわりはないのでスタンダードなもの、
その中でどれだけ高さをおさえたモノがあるかがポイントです。

無印良品に気になるオーブンレンジがあったので足を運んでみたのですが、
このいさぎよいつくりのトースターの方に興味が、、、。

a0334755_13562721.jpg

というのも我が家のトースターの後継機を探していたところでした。

今話題のバルミューダで焼いたチーズトーストの試食会に参加してみたり、、、
(僕はこちらに惹かれていたのですが、、、)

a0334755_03540382.jpg

夜な夜なググってみたり、、、を重ねて奥様が出した結論はただ焼ければいい、機能がシンプルなもの!

値段もお手頃な5,500円!
というわけで12坪の我が家に新しい仲間が加わりました。
(無印のまわし者ではありません。家もつくっているのでむしろライバルです)







みのわ建築設計工房  箕輪裕一郎
住所:〒485-0037 愛知県小牧市小針二丁目129番地
電話:0568−85−7705 FAX:0568−77−7024
メール:kobo@minowa-arch.com

by yuichiro-minowa | 2015-10-29 03:57 | 大泉寺の家 | Comments(0)

白いタイル

a0334755_07430671.jpg

白いタイルを探しにショールーム巡りをしてきました。

同じ白でも、色味の幅、サイズ、質感、形状などの違いから、
受ける印象が大きく異なるので見ていて飽きません。

今回のお目当ては、あまり主張しすぎず、さりげなくやわらかい陰影を出してくれる白いタイル。
難航すると覚悟していましたが、2つ目のショールームですんなりと出会うことが出来ました(^^)

a0334755_07432559.jpg

同行した娘のお気に入りは美味しそうなタイル、、、
「父ちゃんがもらってるから私も同じ数だけ欲しい!」といってサンプルをたんまりと頂いてきました、、
出入り禁止にはなりたくないので、次回からは彼女には内緒で訪れようと思います。


【大泉寺の家の進行状況をこちらで一覧できます!】





みのわ建築設計工房  箕輪裕一郎
住所:〒485-0037 愛知県小牧市小針二丁目129番地
電話:0568−85−7705 FAX:0568−77−7024
メール:kobo@minowa-arch.com


by yuichiro-minowa | 2015-10-06 10:48 | 大泉寺の家 | Comments(0)

カワイ建築さんの見学会

a0334755_09465407.jpg

大泉寺の家の施工をお願いするカワイ建築さんの完成見学会に家族皆でお邪魔してきました!
杉、桧、唐松、たくさんの木に包まれ、とても健やかに暮らせそうな住まいでした。

木造好きなのでついつい長居してしまい、、、ですが、良いヒントも頂きました。

そろそろ大泉寺の家の実施設計も追い込み期間に突入ですっ!







みのわ建築設計工房  箕輪裕一郎
住所:〒485-0037 愛知県小牧市小針二丁目129番地
電話:0568−85−7705 FAX:0568−77−7024
メール:kobo@minowa-arch.com


by yuichiro-minowa | 2015-09-28 10:09 | 大泉寺の家 | Comments(0)

朝焼け

a0334755_06443157.jpg

おはようございます!
空がだんだん秋らしくなってきました。
実施設計中の大泉寺の家の敷地は、土地の高さが急に切り替わる丘のような場所の端にあり、
加えて、電気が供給される端っこのため、電線に邪魔をされずに空が楽しめ、
季節によって色々な表情を見せてくれる朝焼けがとてもキレイです。

それを一つの手掛かりにしてプランニングをしています。
この空を見ながら朝食ができる住まいをめざして実施設計のねじを巻いていきます!
でもこの時期のこの時間帯は、皆さん(僕も含めて)まだ寝てるなぁ、、、。







みのわ建築設計工房  箕輪裕一郎
住所:〒485-0037 愛知県小牧市小針二丁目129番地
電話:0568−85−7705 FAX:0568−77−7024
メール:kobo@minowa-arch.com

by yuichiro-minowa | 2015-09-15 07:09 | 大泉寺の家 | Comments(0)

大泉寺の家 屋根を考える

「屋根は出来るだけシンプルでキレイにかけたい」と常々考えています。
「雨を無理せずに振り分ける」、「雑味のないキレイな佇まいの家を目指したい」という理由から、
そのことを設計スタンスの一つとしています。

プランを練る時も、常に屋根のかたちを考えながら進めます。
専門的には「屋根伏せから考える」という言葉がつかわれたりしますが、
それが最優先になるとはかぎらないので、個人的には「屋根伏せも考える」の方がしっくりきます。

a0334755_09025455.jpg

大泉寺の家では、“寄棟屋根”と“切妻屋根”の2パターンの検討をおこないました。
写真は屋根を上から見たもの、左が“寄棟屋根”、右が“切妻屋根”、
ともに屋根の形状としては日本のスタンダードであり、雨から日本の住まいを守ってきた功労者です。

ちなみに、寄棟の方が模型をつくる時にかなーりの苦労があり、
すべての角がピッタリと合うと感動ものです(泣笑)

a0334755_09032172.jpg

これは切妻屋根、模型でみるとこんな雰囲気。
このかわいらしい佇まいが捨てがたく、施主(自邸なので)としてはとっても好み!

しかし、今回は、2階居室天井の形状、雨樋の落とし方、構造の組み方、家の佇まいなどの角度からの検討をおこない、“寄棟屋根”に軍配が上がりました!(寄棟屋根の模型写真はこちら







みのわ建築設計工房  箕輪裕一郎
住所:〒485-0037 愛知県小牧市小針二丁目129番地
電話:0568−85−7705 FAX:0568−77−7024
メール:kobo@minowa-arch.com


by yuichiro-minowa | 2015-08-18 11:24 | 大泉寺の家 | Comments(2)