カテゴリ:大泉寺の家( 97 )

版画を飾る

a0334755_17252649.jpg

大泉寺の家のリビングに版画を飾ることに。

この住まいの設計者としてはもちろんなのですが、

どちらかというと住まい手としてどうやって住みこなそうかと、

あれやこれやと考えることに最近は興味がわいています。

by yuichiro-minowa | 2018-02-06 12:45 | 大泉寺の家 | Comments(0)

雪景色


a0334755_15295515.jpg

2日続けての積雪。

お隣の校庭はきれいに雪化粧をした姿を見せてくれました。

この時期の曇りの日の光の入り方は

しっとりと優しくてとても好きなのですが、

今日のように白く雪が積もった日は、より格別だとわかりました。

しっとりとした光がやわらかな陰をつくる空間には、上質な心地良さが確かにあります。

そこをねらって設計することは、みのわ建築設計工房のゆるがない価値観です。





by yuichiro-minowa | 2018-01-26 16:03 | 大泉寺の家 | Comments(0)

アプローチの石

a0334755_17013029.jpg

アプローチに使う石をお庭に搬入。

これを使って小道や駐車スペースを仕上げて頂きます。

このボーリューム感、、、であるからこその仕上りになると思います。

それにしても、仮置きであるこの状態のインパクト、、、強い。

新しい年を迎えたので、昨年よりはブログの更新を増やしていこうと意気込んでいます。

皆様、今年もどうぞよろしくお願い致します。




by yuichiro-minowa | 2018-01-11 17:17 | 大泉寺の家 | Comments(0)

仕事納め


おはようございます。

昨日で今年の仕事納め。

a0334755_09542840.jpeg

年の瀬の大掃除も落ち着いたところで、

新しく仲間に加わったフラワーベースとお花の置き場所をあれこれと模索。

意外にも即決で、どーんとダイニングテーブルの真ん中に鎮座させることに。

思いのほかしっくりときたので、しばらくこれでいきたいと思います。

お花を飾るような柄ではないのですが、暮らしがすこし華やいでいいものです。

みのわ建築設計工房の仕事始めは1月8日からとなります。

それでは皆さま、良いお年をお迎えくださいませ。


by yuichiro-minowa | 2017-12-30 09:53 | 大泉寺の家 | Comments(0)

クリスマス

a0334755_14174312.jpg

もうすぐクリスマス。

我が家の窓辺も賑やかになってきました。

今年は、奥さんが衝動買いしてきた 雪だるま×2 が仲間入り。

いってらっしゃいと、おかえりを言ってくれているようで、、、なかなかいいです。

クリスマスが終わっても置いておこうかな。



by yuichiro-minowa | 2017-12-18 14:39 | 大泉寺の家 | Comments(0)

ふたつのこみち



自宅の庭の工事をスタートさせます。

自分の住まいのことはどーしても後回しに、、、。

造園家の荻野寿也さんをお招きして、植栽やアプローチなどの位置出しから。

a0334755_10203516.jpg

計画していただいたプランを地面に描く、これだけで雰囲気が少し出てきました。

たっぷりとある敷地に長いこみちのアプローチをふたつ。

心地よい木立の間をくぐり抜け、途中に暮らしを楽しむ仕掛けもあり、

ちょっとだけ時間をかけて玄関にたどり着いてもいいなぁと思えます。

住まいを行き来することが、楽しくなるようなふたつのこみちです。

荻野さんのお庭を沢山みてきた僕にはこれだけで完成形が想像でき、もうできてしまった気分です。

a0334755_10265718.jpg
【大泉寺の家の進行状況をこちらで一覧できます!】





みのわ建築設計工房  箕輪裕一郎
住所:〒486-0812 愛知県春日井市大泉寺町1033-4
電話:0568−85−7705 FAX:0568−29−6077
メール:kobo@minowa-arch.com






by yuichiro-minowa | 2017-11-27 11:43 | 大泉寺の家 | Comments(0)

住まいらしさ

a0334755_07413043.jpg

大泉寺の家の家具が揃い、住まいらしさが出てきました。

今まで訪れてみて、住みたいと感じる住まいの多くは、家具と建築のその関係がうまくいっている。

超高級な家具を置かなくても、その関係がうまくいっていれば、

いい住まいらしさが、にじみ出てきます。

(人の体に馴染む家具はそれなりのお値段のモノが多いのですが、、、)

じわーっとくるいい住まいらしさ、、、実際にそれを感じる取るには、

その建築に身を置いてみることにつきます。

これは尊敬する所先輩方から教わったこと。

完成見学会などで建築を訪れる際に、いそいそと歩きまわるだけではなく、

あちこちに腰掛けてみたり、触れてみたり、なんなら寝転がったりしながら、

ゆっくりと過ごしてみて下さい。

「じわーっとくるもの」

住宅に限ったことではなくて、いい建築にはそれがあります。


じわーっと!そこを目指していきたいです。


追伸

超高級家具も置いてみたい(笑)


【大泉寺の家の進行状況をこちらで一覧できます!】





みのわ建築設計工房  箕輪裕一郎
住所:〒486-0812 愛知県春日井市大泉寺町1033-4
電話:0568−85−7705 FAX:0568−29−6077
メール:kobo@minowa-arch.com






by yuichiro-minowa | 2017-11-18 06:45 | 大泉寺の家 | Comments(0)

台風一過

台風が過ぎ、一通り点検。

しっかり備えた甲斐もあり、異常なし!!

直撃する台風を大泉寺の家で迎え撃つのは初めてだったのと、

今までの経験から、自然の力の大きさも身に染みているので、内心ドキドキでしたが、、、(汗)

娘よ、みたか!

雨仕舞いや風圧力に対しても、かなり緻密に設計してるんだよ。やれやれ。

台風が残した爪痕は、「暴風警報発令による娘達の自宅待機」と、「避難してきたカメムシ君達との遭遇」

おかげで、午前中は仕事にならないこと、鼻についたニオイの被害が甚大です(笑)

あーーーよかった。

みなさまもご無事でありますよーに。

a0334755_10020790.jpg

by yuichiro-minowa | 2017-10-23 10:20 | 大泉寺の家 | Comments(0)

台風備え

大きな台風が接近中です。

みなさま、備えはおすみでしょうか。

我が家は備えバッチリで迎え撃ちます。

下の娘も備えバッチリ、、、って、そんなやわな住まいではないんだけどなぁ、、、(笑)

念には念をということですかね、、、、。

いや、いや、絶対必要ないです。

多分、ミッフィーが好きなだけだと思います。多分、、、そう思いたい。

ん?マイメロディー???

どっちが正解か気になる若干40歳、、、。

上の娘に聞いてみたらマイメロちゃんとのこと。

あースッキリした、、、いや、いや、モヤモヤの原因はそこじゃない。

明日の朝になったらカッパは必要なかったと分かるはず。


a0334755_18485119.jpg

by yuichiro-minowa | 2017-10-22 21:42 | 大泉寺の家 | Comments(0)

家具と建築と窓

a0334755_17023702.jpg

建築と家具との関係を考えることも設計だと考えています。

どんな位置に、どのくらいの大きさと高さのものを置いたら、どんな場所が出来るか。

どんな場所でありたいか。

どんなデザインがお似合いか。そんなことを思い描きながら設計しています。

写真は、大泉寺の家のソファーの前のコーヒーテーブル。

建築の中での大きさやソファーとの関係はもちろん、その先の窓との関係にも目を向け、

少し高めのものをチョイス。

居心地のよい場所をつくるために必要なことの一つは、

小さな気づかいを積み重ねることだと思います。


【大泉寺の家の進行状況をこちらで一覧できます!】





みのわ建築設計工房  箕輪裕一郎
住所:〒486-0812 愛知県春日井市大泉寺町1033-4
電話:0568−85−7705 FAX:0568−29−6077
メール:kobo@minowa-arch.com







by yuichiro-minowa | 2017-10-17 17:58 | 大泉寺の家 | Comments(0)