カテゴリ:大泉寺の家( 92 )

ふたつのこみち



自宅の庭の工事をスタートさせます。

自分の住まいのことはどーしても後回しに、、、。

造園家の荻野寿也さんをお招きして、植栽やアプローチなどの位置出しから。

a0334755_10203516.jpg

計画していただいたプランを地面に描く、これだけで雰囲気が少し出てきました。

たっぷりとある敷地に長いこみちのアプローチをふたつ。

心地よい木立の間をくぐり抜け、途中に暮らしを楽しむ仕掛けもあり、

ちょっとだけ時間をかけて玄関にたどり着いてもいいなぁと思えます。

住まいを行き来することが、楽しくなるようなふたつのこみちです。

荻野さんのお庭を沢山みてきた僕にはこれだけで完成形が想像でき、もうできてしまった気分です。

a0334755_10265718.jpg
【大泉寺の家の進行状況をこちらで一覧できます!】





みのわ建築設計工房  箕輪裕一郎
住所:〒486-0812 愛知県春日井市大泉寺町1033-4
電話:0568−85−7705 FAX:0568−29−6077
メール:kobo@minowa-arch.com






by yuichiro-minowa | 2017-11-27 11:43 | 大泉寺の家 | Comments(0)

住まいらしさ

a0334755_07413043.jpg

大泉寺の家の家具が揃い、住まいらしさが出てきました。

今まで訪れてみて、住みたいと感じる住まいの多くは、家具と建築のその関係がうまくいっている。

超高級な家具を置かなくても、その関係がうまくいっていれば、

いい住まいらしさが、にじみ出てきます。

(人の体に馴染む家具はそれなりのお値段のモノが多いのですが、、、)

じわーっとくるいい住まいらしさ、、、実際にそれを感じる取るには、

その建築に身を置いてみることにつきます。

これは尊敬する所先輩方から教わったこと。

完成見学会などで建築を訪れる際に、いそいそと歩きまわるだけではなく、

あちこちに腰掛けてみたり、触れてみたり、なんなら寝転がったりしながら、

ゆっくりと過ごしてみて下さい。

「じわーっとくるもの」

住宅に限ったことではなくて、いい建築にはそれがあります。


じわーっと!そこを目指していきたいです。


追伸

超高級家具も置いてみたい(笑)


【大泉寺の家の進行状況をこちらで一覧できます!】





みのわ建築設計工房  箕輪裕一郎
住所:〒486-0812 愛知県春日井市大泉寺町1033-4
電話:0568−85−7705 FAX:0568−29−6077
メール:kobo@minowa-arch.com






by yuichiro-minowa | 2017-11-18 06:45 | 大泉寺の家 | Comments(0)

台風一過

台風が過ぎ、一通り点検。

しっかり備えた甲斐もあり、異常なし!!

直撃する台風を大泉寺の家で迎え撃つのは初めてだったのと、

今までの経験から、自然の力の大きさも身に染みているので、内心ドキドキでしたが、、、(汗)

娘よ、みたか!

雨仕舞いや風圧力に対しても、かなり緻密に設計してるんだよ。やれやれ。

台風が残した爪痕は、「暴風警報発令による娘達の自宅待機」と、「避難してきたカメムシ君達との遭遇」

おかげで、午前中は仕事にならないこと、鼻についたニオイの被害が甚大です(笑)

あーーーよかった。

みなさまもご無事でありますよーに。

a0334755_10020790.jpg

by yuichiro-minowa | 2017-10-23 10:20 | 大泉寺の家 | Comments(0)

台風備え

大きな台風が接近中です。

みなさま、備えはおすみでしょうか。

我が家は備えバッチリで迎え撃ちます。

下の娘も備えバッチリ、、、って、そんなやわな住まいではないんだけどなぁ、、、(笑)

念には念をということですかね、、、、。

いや、いや、絶対必要ないです。

多分、ミッフィーが好きなだけだと思います。多分、、、そう思いたい。

ん?マイメロディー???

どっちが正解か気になる若干40歳、、、。

上の娘に聞いてみたらマイメロちゃんとのこと。

あースッキリした、、、いや、いや、モヤモヤの原因はそこじゃない。

明日の朝になったらカッパは必要なかったと分かるはず。


a0334755_18485119.jpg

by yuichiro-minowa | 2017-10-22 21:42 | 大泉寺の家 | Comments(0)

家具と建築と窓

a0334755_17023702.jpg

建築と家具との関係を考えることも設計だと考えています。

どんな位置に、どのくらいの大きさと高さのものを置いたら、どんな場所が出来るか。

どんな場所でありたいか。

どんなデザインがお似合いか。そんなことを思い描きながら設計しています。

写真は、大泉寺の家のソファーの前のコーヒーテーブル。

建築の中での大きさやソファーとの関係はもちろん、その先の窓との関係にも目を向け、

少し高めのものをチョイス。

居心地のよい場所をつくるために必要なことの一つは、

小さな気づかいを積み重ねることだと思います。


【大泉寺の家の進行状況をこちらで一覧できます!】





みのわ建築設計工房  箕輪裕一郎
住所:〒486-0812 愛知県春日井市大泉寺町1033-4
電話:0568−85−7705 FAX:0568−29−6077
メール:kobo@minowa-arch.com







by yuichiro-minowa | 2017-10-17 17:58 | 大泉寺の家 | Comments(0)

朝景

a0334755_11173912.jpg

朝晩は過ごしやすい季節になってきました。

晴れた日に、朝焼けのようになった室内で過ごす少しだけ贅沢な時間。

狙い通りといきたいところですが、実はうれしい誤算、、、です。

小学生と保育園児のいる共働き夫婦にとっては、慌ただしい平日の朝、

一方、家族みんなで過ごすことができる貴重な時間でもあります。

そんな一日の始まりをたのしく迎えるために、プランを練ったことへの“ご褒美”なのだと勝手に納得、

なのですが、、、

いかんせん、この時期の日の出時刻はAM 5:30、、、

食卓を囲むにはまだまだ早い、当分は僕だけで味わうことになりそうです。

追伸

真打のソファーがチラッと写っていますが、また別の機会に!




by yuichiro-minowa | 2017-09-12 10:44 | 大泉寺の家 | Comments(0)

ソファーのクッション

a0334755_12193159.jpg

造り付けソファーのクッションの打合せで、wood works GEPPETTOさんの工房へ。

ソファーになったり、ベッドになったり、背もたれを本棚のフタにしたり、別の場所へ持ち運んだり、

という色々な役割をもったソファーに、どんなクッションがお似合いかを相談。

重さや強度のこと、好みの座り心地のこと、空間にとって大切な要素であること、などなどをお話しし、

今回のクッションの中身で使用するウレタンの断面構成の方向性が決まりました。

どんな風に仕上がってくるのか、真打のお出ましが待ち遠しいです。




by yuichiro-minowa | 2017-08-04 12:41 | 大泉寺の家 | Comments(0)

お祝い

a0334755_13522666.jpg

日頃からお付き合いのある同志のような工務店さんから新しい暮らしへのお祝いを頂きました。

我が家のツボをおさえたさすがのチョイスにまいりました。

ありがとうございました!

コーヒー豆を手で挽く、そんな贅沢な時間を大切にできる建築を!

というメッセージですね、きっと。



by yuichiro-minowa | 2017-07-25 14:07 | 大泉寺の家 | Comments(0)

夏支度

a0334755_03534701.jpg

そろそろ梅雨も空ける頃、大泉寺の家ではこの夏を乗り切るための夏支度。

ダインング・ペンダント照明の白熱球をLED球に交換。色味は白熱球の方が勝りますが、

電球の発熱量はLEDの方が圧倒的に少なく、はっきりその差を体感できます。

夏はLED、冬は白熱球、そんな模様替えがあってもいいと思います。


日中は格子の網戸と障子戸とが外気と日射を遮断するのに一役かってくれ、

加えて、障子をしめた時のほの明るい雰囲気が、涼しげな気分にさせてくれます。


家具工事ももう一息、引越しの片付けも進み、造付けソファーの受け入れ態勢も整いつつあります。

ホント、引越し仕事の多さに驚かされています。

次はお庭の仕上げが控えています。お披露目はすべてが整ったところで。



by yuichiro-minowa | 2017-07-20 06:59 | 大泉寺の家 | Comments(0)

引出し

a0334755_09433562.jpg

仕事柄、自宅の工事は後回しになっていた大泉寺の家の家具工事。

引出し等の造り付け家具収納が納まってきました。

ここでの暮らしが先にスタートしていたおかげで、

暮らしと照らし合わせながら、収納計画を見直し、微調整を行えたことが逆によかったと思います。

a0334755_05135545.jpg

キッチン吊り戸棚の引手もみのわ建築設計工房デザイン。細部にまで手と口を出しています(笑)

うまく建築に馴染んでくれました。

【大泉寺の家の進行状況をこちらで一覧できます!】





みのわ建築設計工房  箕輪裕一郎
住所:〒486-0812 愛知県春日井市大泉寺町1033-4
電話:0568−85−7705 FAX:0568−29−6077
メール:kobo@minowa-arch.com


by yuichiro-minowa | 2017-07-14 05:56 | 大泉寺の家 | Comments(0)