フライング気味で新しい暮らしスタート




a0334755_11092809.jpg

すこしフライング気味ではありますが、大泉寺の家での新しい暮らしがスタートしました。

ダイニングテーブルもまだ仮のモノ。

僕が以前のアパートの書斎で使っていたデスク、、、ですが、小ぶりなサイズのおかげなのか、

家族4人がぎゅっと集まってする食事がなかなか楽しいです。

a0334755_11100346.jpg

朝の気持ちよさが格別です。この土地の一番の特徴と言ってもいいかもしれません。

うまく取り込むことができてほっとしています。

この気持ちよさを味わうためのもう一つのアイテムが、実はまだ納まっていないので、

それがカタチになるのが楽しみです。

a0334755_11102571.jpg

この家をつくっていただいた大工さんに、この家の端材でこしらえてもらった“小さなちゃぶ台”

デザインは小泉誠さん、カワイ建築さんが加入しているわざわ座という

取り組みから生まれた家具です。

取り組みが面白く、デザインがかわいらしいので一品を母親のためにとお願いしたのですが、

どうやら娘のものになりそう。


【大泉寺の家の進行状況をこちらで一覧できます!】





みのわ建築設計工房  箕輪裕一郎
住所:〒485-0037 愛知県小牧市小針二丁目129番地
電話:0568−85−7705 FAX:0568−77−7024
メール:kobo@minowa-arch.com




by yuichiro-minowa | 2017-06-09 11:34 | 大泉寺の家 | Comments(0)
<< ソファーの生地選び 検査完了 >>