厚塗り左官仕上げ

a0334755_02025828.jpg

大泉寺の家の壁と一部の天井に塗る左官は、漆喰と土と藁スサをブレンドしたもの。
今や、ホームセンターでもDIY用の漆喰が手に入るのですが、
もう一、二歩踏み込んで、左官屋さんに厚塗りをお願いしました。

わかり易く数字で比較すると、前者は1mm〜2mm程度、今回は8mm。

調湿や吸着などの性能ををもっている漆喰に、せっかくなのでより力を発揮してもらおうという魂胆なのですが、何よりも、厚みをもたせることで表情がぐーんと豊かになります。

a0334755_02032495.jpg

a0334755_02040666.jpg

今回の現場で下地につかった石膏ボードの代わりに、土で下地をつくる方法もあると教えて頂きました。それができると、さらに別の効果を期待できそうなので、今後の設計に取り入れていきたい工法です。

a0334755_02042840.jpg

左官屋さん助手になろうとした娘、、、まずは服装からなんとかしないと、、、。


【大泉寺の家の進行状況をこちらで一覧できます!】





みのわ建築設計工房  箕輪裕一郎
住所:〒485-0037 愛知県小牧市小針二丁目129番地
電話:0568−85−7705 FAX:0568−77−7024
メール:kobo@minowa-arch.com


by yuichiro-minowa | 2017-02-26 10:25 | 大泉寺の家 | Comments(0)
<< 1階キッチン据え付け お誕生日 >>