家具工事の細部を詰める

a0334755_10415123.jpg

大泉寺の家では造り付け家具工事の準備段階に入りました。

家具を建築にうまく馴染ませながら心地よい居場所をつくることを今回のテーマの一つ。
設計段階で考えたことを現場レベルで確認しつつ、
以前つくった内観模型を取り出し、細部をもう一度詰めます。

余談ですが、この家のプランニングは、壁際にみえる造り付けのソファーを特等席にすることからスタートしています。この土地で見つけたとっておきの場所です!



【大泉寺の家の進行状況をこちらで一覧できます!】





みのわ建築設計工房  箕輪裕一郎
住所:〒485-0037 愛知県小牧市小針二丁目129番地
電話:0568−85−7705 FAX:0568−77−7024
メール:kobo@minowa-arch.com


by yuichiro-minowa | 2016-10-18 12:39 | 大泉寺の家 | Comments(0)
<< 豊かな質素 初秋を感じられる小さな居場所の予定地 >>