キッチンを原寸で再確認

a0334755_08350454.jpg

現場にあるボードを拝借し、キッチンの計画を再確認してきました。

娘達が大きくなった時にみんなで囲んで料理がしたいという希望と、
収納を充実させたいという希望のバランスをとる為に実物大のスケールでの確認です。
丁寧に、丁寧に進めています!

限られたスペースのなかで、収納を充実さることと、開放的なキッチンにすることは、どちらかを立てればどちらかが立たなくなる関係にあります。それに使いやすさも含め、自分たちに合ったバランスを見つけることが設計の醍醐味でもあり、見つけたときの充実感は格別です。

超コンパクトなキッチンで10年近く暮らして来た僕らにとって、収納はそこそこあれば大容量であることがわかったので、心おきなく家族との関係と重視したスタイルにすることに決めました。



【大泉寺の家の進行状況をこちらで一覧できます!】





みのわ建築設計工房  箕輪裕一郎
住所:〒485-0037 愛知県小牧市小針二丁目129番地
電話:0568−85−7705 FAX:0568−77−7024
メール:kobo@minowa-arch.com

by yuichiro-minowa | 2016-08-20 09:11 | 大泉寺の家 | Comments(0)
<< ぶどう棚 板の外壁 >>