素材探し

a0334755_19252188.jpg

外部のアプローチに使う素材を探しに、愛西市まで足を運んできました。
訪れたのは、造園家の西村直樹さんが手掛けているお庭。

アプローチとなる石の小道は、身近にある名もない石を土と砂だけで占め固めながら敷き並べてつくったもので、モルタルで固めるものでは出せない豊かな表情がありました。小道に緑がくい込み、石の上に小さな花を咲かせていたり、石と石の間の土から緑が芽を出していたり、ついつい下を見ながら歩きたくなるアプローチでした。


訂正、名もない石と書きましたが、、、実は、大成石という名があるそうです。ですが、おそらくどこを調べても出てきません。おそらく30年後くらいには鉄平石や大谷石のようにメジャーに、、、なる、、、かもです(笑)


【大泉寺の家の進行状況をこちらで一覧できます!】





みのわ建築設計工房  箕輪裕一郎
住所:〒485-0037 愛知県小牧市小針二丁目129番地
電話:0568−85−7705 FAX:0568−77−7024
メール:kobo@minowa-arch.com

by yuichiro-minowa | 2016-06-03 05:34 | 大泉寺の家 | Comments(0)
<< 土台敷き 外壁塗装見本 >>