木漏れ日

a0334755_18035678.jpg

地縄張り(位置確認)。

大泉寺の家では、まわりのよい環境を窓から取り込んだり、見たくないものは壁で遮ったりしながらプランを組み立てています。奇をてらったことはしていませんが、素直に光や風やいい景色を取り込みながら、暮らしの場所を整えていくことを大切にしています。

それをもう一度現場で再確認しながら建物の位置を出してみて
あらためて気が付いたことがありました。

先に行った透かし剪定のおかげで、母室の地窓先のグランドレベルに木漏れ日が落ちるようになり、さらにその先には剪定されたことで枝振りがきれいになったヒラドツツジが(^^)、、、計算通りの建物配置と言いたいところですが、嬉しい誤算です。

剪定が終わった時点ではまったく気がつかなかったのですが、、、(不覚)
こういういい仕事をサラッとされると、負けていられなくなるので、この地窓のわきに良い場所をつくることでお返しをしたいと思います!







みのわ建築設計工房  箕輪裕一郎
住所:〒485-0037 愛知県小牧市小針二丁目129番地
電話:0568−85−7705 FAX:0568−77−7024
メール:kobo@minowa-arch.com

by yuichiro-minowa | 2016-05-07 05:44 | 大泉寺の家 | Comments(0)
<< 生で聴くのだめカンタービレの音楽会 スプリングキャンプ >>