透かし剪定

a0334755_04513446.jpg

大泉寺の家の土地にあるおおきな金木犀はプランニングの手掛かりにもなっています。

それを造園家の西村直樹さんに自然な樹形を活かす剪定を施していただき、
清々しい姿に生まれ変わりました。

今までは葉で覆われていた幹と枝が姿を表し、
外からの視線を遮りつつ、風や光を通し、奥行き感もでてきてよい感じです!

鬱蒼とした雑木でも、清々しく気持ちのよい木立にできるという手応えを得たので、
今後、雑木のある土地でプランニングをする際の幅が広がりそうです!







みのわ建築設計工房  箕輪裕一郎
住所:〒485-0037 愛知県小牧市小針二丁目129番地
電話:0568−85−7705 FAX:0568−77−7024
メール:kobo@minowa-arch.com

by yuichiro-minowa | 2016-04-19 08:03 | 大泉寺の家 | Comments(0)
<< リノベのプレゼン 大泉寺の家 若世帯のダイニング >>