自宅の敷地調査

a0334755_18475835.jpg
僕が高校生まで暮らしていた実家。
ここに戻り、2世帯で暮らすための住まいを計画します。

以前は、南と西の隣地に梅畑と原っぱが広がり、牧歌的なとても良い環境でしたが、
僕が中学生の頃?にゴルフ練習場と駐車場ヘと様変わりしました。
それにあわせて、気持ちがよかった南側の窓のカーテンを閉めることが多くなり、
生活領域も奥へ奥へと移り変わり、お庭との関係も薄くなりました。

それから20年が経ち、生活スタイルはそのままですが、少しだけ状況が好転。
南と西にあるL字の土地(以前は植木畑だったそうです。)にあった小さな植木達が、
とても大きく育ち、(育ってしまったといった方が正しいかも、、、。)
ゴルフ練習場・駐車場の緩衝帯として期待ができそうです。

手に負えないので切ってしまうという選択肢もあるのですが、いくつか設計の手がかりを見つける事もできたので、その木々達を残して活かす案を探ろうと思います。







みのわ建築設計工房  箕輪裕一郎
住所:〒485-0037 愛知県小牧市小針二丁目129番地
電話:0568−85−7705 FAX:0568−77−7024
メール:kobo@minowa-arch.com

by yuichiro-minowa | 2015-02-12 21:26 | 大泉寺の家 | Comments(0)
<< 佐藤重徳さんが手掛けた住宅を見学 設計することを教えてくれるキッチン本 >>